ビルドマッスルhmb 副作用

ビルドマッスルhmbの恐るべき副作用とは!?

 

  • ビルドマッスルhmbの副作用を調べました
  • 副作用についての考察(3つの成分)
  • サプリメントだから安心できる

 

 

ビルドマッスルhmbの副作用を調べました

 

 

ここでは、ビルドマッスルhmbの副作用について紹介していきます。

 

まず、ある意味ではビルドマッスルhmbには副作用は無いと断言できます。
なぜなら「副作用」とは、厳密には医薬品についてのみ言われる事であって、ビルドマッスルhmbは医薬品で無いからです。

 

……なんて、言葉遊びをしても仕方が無いので、ここでは世間一般で言われている意味で、副作用があるのかどうか考察していきたいと思います。
ただ、とにかくビルドマッスルhmbは医薬品ではないので、基本的には危険性が低いという事は確かだと言われています。

 

 

ここでは、ビルドマッスルhmbの成分の内、副作用の心配をしてしまいそうな成分を3つ紹介していきます。

 

その成分とは、シリカゲル、ステアリン酸カルシウム、結晶セルロースです。
では、次項で詳しく解説していきます。

 

 

副作用についての考察(3つの成分)

 

 

では、ビルドマッスルhmbの内3つの成分を取り上げて副作用について考察していきましょう。

 

 

シリカゲル

 

「微粒二酸化ケイ素」とも言われる成分ですが、こちらの呼び名の方が有名でしょうね。
シリカゲルには、乾燥を防ぐ力があります。

 

ビルドマッスルhmbが乾くのを防ぐために入れてあると見られています。

 

乾燥剤として有名な成分ですが、摂ったとしてもほぼ吸収されずに身体の外に出ていくと言われています。
ですから、危険性はほぼ無いと見られています。

 

 

ステアリン酸カルシウム

 

例えば、油と水のような混合しにくいものを混合させる効果があると言われています。
ビルドマッスルhmbには様々な成分が含まれているので、それらを混合させるために入れてあるのではないかと思います。

 

ステアリン酸カルシウムは、医療品用の添加物としても古くから重宝されている成分です。
そのため危険性はほぼ無いと言われている成分ですし、実際危険性に関する報告が成された事も無いそうです。

 

 

結晶セルロース

 

食物繊維の仲間です。
ビルドマッスルhmbをはじめ、サプリに良く入っている成分です。
栄養成分を凝固させて、粒状にしやすくする効果があると言われています。

 

これもステアリン酸と同じで、医療品用の添加物として良く使用されている成分です。
もちろん、危険性に関する報告も成されていません。

 

以上、ビルドマッスルhmbの中で、パッと見で不安になりそうな成分を紹介しました。
ですが、解説してきました通り危険性はほぼありません。

 

 

サプリメントだから安心できる

 

 

ちなみに、ビルドマッスルhmbのその他の成分も、経口摂取である限りは危険性がほとんどないと言われています。
実際、今までビルドマッスルhmbに関する副作用の報告は1件も無いそうです。

 

ただし(あくまで常識の範囲ですが)、ビルドマッスルhmbを飲むに際しての注意点があるので紹介していきます。

 

 

飲み過ぎは厳禁

 

ビルドマッスルhmbの1日当たりの目安摂取量は4粒。
最大でも8粒程度までとなっています。
ですから、それを大きく超えて飲む事はしないようにしましょう。

 

 

飲み過ぎると、アミノ酸の調和が乱れて、体重が減り過ぎたり免疫機能が下がって体調を悪くする恐れがあると言われています。

 

まあ、こんな事はわざわざ私に言われなくても、という感じですよね(笑)。
その他、ビルドマッスルhmbを飲んでいて異変が起きた場合はすぐに使用を止めて、必要に応じて医療機関に出向くようにしましょう。
まあ、こんな事はわざわざ(以下略)。

 

 

・ビルドマッスルhmbの副作用についてのまとめ

 

医薬品でないので基本的に安全性が高いと言われている。
パッと見不安になりそうな成分はあるが、それにも問題はないと言われている。

 

あとは、常識の範囲内で飲めばOK。